バランスの良い食生活

腸内環境を改善しイソフラボンを効果的に吸収!

イソフラボンは、肌にハリをもたらしてキレイにしてくれたり、髪もしなやかに、またバストアップをしてくれるなどの効果もあるといわれ、女性に人気の栄養成分です。
これまでも数多くのサプリメントが発売されたり、またイソフラボンが含まれていると言われる大豆類のブームもあったほどです。
これだけその働きに注目が集まるイソフラボンですが、さらに効き目をアップさせる方法があるとしたら、皆さんも知りたいですよね。

美容や健康へ様々な効果を持つイソフラボンですから、どうせ使うなら、せっかくなので充分な作用を得たいところ。
では、その答えは何か?それは、腸内環境を改善させることでした。
腸内の環境を整えておくことで、イソフラボンの効き目も違ってくるのです。

さて、イソフラボンのカタチには2種類があります。
一つはアグリコン型というもの、もう一つはグリコシド型というものです。
そして、この後者のグリコシド型というのは、お豆腐や納豆など、大豆類に含まれるのが多いイソフラボンなんですね。

お豆腐や納豆などは、ふだんから食している方もたくさんいらっしゃるかと思います。
だがしかし、このカタチのイソフラボンには、腸内細菌によって分解されないとなかなか体内に吸収されないという特性を持っているんです。
すなわち、まずは腸内環境を整えて、腸内細菌の働きをよくしておくことにより、さらなる効果を得られることもできるというわけなんですね。

ですから、イソフラボンを含む大豆類やサプリメントを摂取する前提として、発酵食品や食物繊維を多量に含む食品をたくさん摂っておくことが効果的なのです。
ただし、イソフラボンの1日の摂取目安量は守りましょう。
また、適度な運動も忘れてはなりません。
念願の美容効果は、こうした日々の努力によっても効果はまったく違ったものになるかもしれないのです。

サプリメントの場合は、2種類の型のアグリコン型のものもあります。
このタイプは比較的、胃や小腸で効率よく吸収されるので、こうした配慮も必要ないのかもしれません。
活用される前には、こうした違いも踏まえることが重要ですね。

Menu