バランスの良い食生活

イソフラボンがコラーゲンを増やす?

美容成分として話題となったコラーゲン。
一時はブームにもなっただけに、様々な商品で使われているほか、なんと昨今ではお料理などにも入っていたりしていますよね。
コラーゲンは、肌のシワを防止し、ハリを与えて美肌を保つ効果があるなど、女性にとってはたいへんうれしい成分なんです。

実はこの成分は人間のからだにも本来あるものなんですが、その生成を促進させる働きがイソフラボンにあるようなんですね。
コラーゲンが増加すれば、お肌の内側で繊維状に絡み合ってさらにきめ細かに、さらに弾力のある肌を作ることができます。
それにより、つやのある肌が蘇り、見た目もだいぶ若返ったりもするものなんです。

コラーゲンは女性にとって有効な美容成分なんですが、裏を返せば、イソフラボンが一緒じゃないとさらなる効き目を得ることができないということでもあります。
イソフラボンがあれば、たんにコラーゲンを与えるだけでなく、その働きをさらに後押しする相乗効果まで得られるからです。
この相性の良さから、イソフラボンとコラーゲンが一つになったサプリメントも昨今は増えてきているようです。

イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをし、女性らしい艶やかな髪や肌などに効果を与えます。
そこにハリのある肌をつくるコラーゲンが加わり、さらに生成されていく良い循環ができれば、いつまでも輝かしい肌を手に入れられますよね。
もちろん、このようなサプリメントだけではなく、イソフラボンは身の回りの様々な食品からも摂取できますのでチャレンジしてみてもよいかもしれません。

大豆類に多く含まれているので、たとえばお味噌汁や納豆、お豆腐なんかも積極的にいただくといいですね。
そう、なるべく和食の献立を心掛けるとより多く摂取できるかもしれません。
イソフラボンには、美肌効果だけでなく、生活習慣病の予防などを始め、健康にも良い効果が期待できます。

美容も、健康も、それぞれ満たされてこそ本当の若々しさを手に入れられるというものです。
女性にとっては、コラーゲンも、イソフラボンも大事な成分。
適切に摂取していきたいですね。

Menu