バランスの良い食生活

イソフラボンで抜け毛予防

現代社会で暮らしていると、規則正しい生活が送れなくなり、食生活や睡眠時間にまで悪い影響が及びます。
こうした生活習慣の乱れや様々なストレスはやがて、からだはもちろん、頭皮環境にまで負担をかかるようになります。
たんに年配の方だけでなく、まだ若い方の間でも薄毛や抜け毛で悩んでいる人が多いのは、こうした社会的な背景も関係しているのですね。

実は、抜け毛や薄毛の悩みに、あの大豆イソフラボンが強い効き目を示すことが分かってきました。
そもそも、抜け毛や薄毛が起こるメカニズムを、皆さんはご存知ですか?
毛髪が抜け落ちるサイクルは、男性ホルモンが強く作用することで過剰分泌になり、これにより早まるんですね。

つまり、男性ホルモンが過剰な人ほど、抜け毛や薄毛が促進されるというメカニズムになっているわけです。
それならば、男性ホルモンを抑制してしまえばよい。
いたって簡単な話です。

そこで、活用されたのが大豆イソフラボンというわけです。
大豆イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあり、これが男性ホルモンを抑制にチカラを発揮するのです。

実際に女性ホルモンが多い男性の頭皮には毛髪が多い傾向にあります。
性転換した男性にも、女性ホルモンのエストロゲンを注射するといいます。
女性ホルモンの働きが強くなればなるほど、男性ホルモンが抑制されて抜け毛や薄毛も抑えられるというわけなんですね。

実際に、大豆イソフラボンを含んだ成分を摂取させた男女複数人を対象とした臨床実験を行った事例があります。
この実験は半年間にわたって行われたのですが、なんとその8割の被験者に薄毛の改善が見られたといわれています。
期待度は、これによりさらにグッと高まりました。
また、イソフラボンには優れたアンチエイジング効果もあるそうです。

大豆イソフラボンは、その名の通り、大豆類にたくさん含まれており、お豆腐や油揚げ、納豆やきな粉などを食べると接収できます。
ゴハンにお味噌汁という純和食をいただく機会が少なくなったため、これまでの摂取量より少なくなっています。
そして、ホルモンのバランスが崩れる現代社会だからこそ、自発的に摂取する必要があるのです。
http://xn--0-kb9b083j.com/9.htmlで紹介されている青汁と併せて飲むと健康維持にさらに高い効果が期待できますのでおすすめします。

Menu