バランスの良い食生活

イソフラボンの効果的な摂り方?

日本人の食生活が極端に欧米化してからというもの、和食には必ずあった大豆類を摂取することも減りました。
大豆の料理はもちろん、お豆腐がそうですし、納豆や、お味噌汁の中に入っている油揚げ、お味噌自体もそうです。
昔は朝に夕に、お昼ゴハンだってそうしたものが付いていたものですが、昨今は朝もパン食が多いです。

そして、昼も夕方もパスタや養殖のお肉料理なんてメニューも増え、めっきり減りましたよね。
イソフラボンを効果的に摂るには、やはり食事の献立から変えてみること、これが一番なのです。
イソフラボンを一日にどれだけ摂取るとよいかといえば、約30㎎以上、上限は70mgくらいまでといわれています。

お豆腐でいうと半丁分くらい、納豆は1パック分といったところ。
こういう風に食べ物に換算すれば、案外いけるんじゃないかと思えますよね。
無理してガツガツ大豆類ばかりを食べなくてもいいんです。
毎日摂取することで様々な効果が得られるのですが、その一つに育毛効果があります。
髪の毛というのは女性ホルモンからなっているので、男性の方は割と年々薄毛に悩む人が増えてきます。
そういった方こそ摂取すると良いでしょう。
さらに効果を期待するのであれば、育毛シャンプーなどとの併用がよいでしょう。こちらに生え際後退や部分脱毛対策に効果的な男性用育毛シャンプーの口コミ比較ランキングというものがありますので参考にしてください。

たとえばランチにもう一食お豆腐とか、お夕飯には必ずお味噌汁をいただくとか、朝には納豆をいただくなど対応ができます。
ちょっとした献立の工夫でその食材からイソフラボンを摂取することができてしまうんですね。
どうしても洋食が好きな方でも、お料理をアレンジしてレシピに納豆を加えてみたり、サラダにお豆腐を使うといったアイデアも効果的かもしれません。

また昨今取り入れられているのは、わざわざお料理しなくても、一日のうちに必ず豆乳を飲むという方法です。
ただ冷蔵庫にあるものを飲めばいいだけですので簡単です。
これなら食事にこだわる必要もありません。

それでもなお、大豆類が苦手だったり、豆乳が嫌いだったりというような理由からためらわれている方、また、そうした食材が摂れなかった方には、サプリメントが便利です。
一日に決められた量を服用すればいいだけなので、イソフラボンを効率よく摂取するには、もっとも簡単で手軽な方法かもしれません。
ただ、この場合はあくまでも適量です。

摂り過ぎには注意が必要です。
大切なのは、やはり食事できちんと摂取すること。
その不足分を補う場合に利用するのがベターです。

こちらに美容やアンチエイジング、生活習慣病予防、活性酸素除去などのイソフラボンの効果効能と
お薦めのサプリメント通販について
かいてありますのでご覧ください。



Menu