バランスの良い食生活

イソフラボンで悪玉コレステロールが減少

日本の食生活は極端に欧米化されてきました。
これまで食卓に上っていた和食の定番の料理も少なくなり、代わりに、肉類が中心の洋食が増えたような気がします。
イソフラボンがたくさん含まれる大豆類も和食を代表する食材でしたが、昨今では食卓に上る機会も少ないですよね。

脂質が高い食生活を送るとコレステロールが問題になってきます。
世間でも、中高年の男性を中心に話題ですよね。
健康診断や人間ドッグなどでも、コレステロールの値は結構注目されます。

これは、放っておくと、心筋梗塞、動脈硬化などの恐ろしい病気を引き起こしかねないからなんですね。
さて、コレステロールにはHDLコレステロールとLDLコレステロールの2種類がありますが、気を付けなければならないのは悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールでしょう。
通常、コレステロールは細胞膜を維持するために材料となるホルモンや食べ物の消化吸収を助ける胆汁酸の原材料としての重要な役割があるのです。

ところが、先述した通り、脂質の多い食事やカロリーの摂り過ぎなどにより悪玉コレステロールが増えると、血管に溜まっていき、やがて動脈硬化などに?がっていくリスクとなるのです。
これが、多くのひとたちがコレステロールを怖れる理由なんですね。
しかも、日本人の血中コレステロール値は昨今でも増加の一途にあるのですが、そうしたなか、これを改善する作用があるとして注目されている成分があるんですね。

じつは、それがイソフラボンなんですね。
悪玉コレステロールに対して、これを退治する役割を持つ善玉コレステロールというものがあるのですが、イソフラボンにはこのコレステロールを増やして悪玉コレステロールを減少させる働きがあるんです。
まさに、願ったり叶ったりの働きをする成分です。

恐ろしい生活習慣病の予防の一環として期待が持てますよね。
とはいうものの、イソフラボンは万能な特効薬というわけではありません。
やはり、ふだんの食生活に気を遣い、そのうえでサプリメントなどでイソフラボンを摂取して二重の備えをしておくことが大切でしょう。

Menu